看護師の仕事内容

看護師の仕事内容

看護師と1つに言いましても、勤務をする医療施設や病院・病棟によって、仕事内容は大きく異なってきます。例えば、老人ホームやケアセンターで働く看護師は、注射や点滴などの看護師が行う代表的な医療行為を行うことはほとんどありません。医師からの支持を受けた限られた看護師だけは、注射や点滴を行うことはあるのですが、とても珍しいケースです。主な看護師の仕事は、検温・血圧・脈の確認を行うことで利用者の方々の健康チェックを毎日行ったり、処方されている薬の管理を行うことなのです。その他にも、介護職員と共に利用者の方の食事や排泄・入浴などの介助を行うこともあります。このようにして看護師であっても、医療の知識だけではなく介護の分野の知識も必要になってくるところもあるのです。ホスピスで働く看護師も特殊な看護師の1つかもしれません。ホスピスは、現代医療の技術ではこれ以上治療を行うことが出来ないと判断された方が、最後の時を迎えられるまでを過ごされる場所です。延命の為の医療行為を行うことはありませんので、看護師が行う医療行為も少ないと言われています。その分ホスピスでは、心のケアを行うことがとても重要な看護師の仕事なのです。心のケアは、知識だけでは成り立たないものなので、勉強をする意外にも経験もとても大事になってきます。看護師は、医療機関を利用されている方たちにとって、1番身近で話しやすい存在でもあります。どの医療施設や病院・病棟に勤務していても、人間の命を尊く思い、全ての方が快適に生きる為のお手伝いをしたいという気持ちを忘れなければ、仕事を全うすることが出来るのではないでしょうか。